• 地域文化ナビ

2014年07月17日

  • [北海道]

街が舞台だ! YOSAKOIソーラン祭り

2014年6月7日(土)・8日(日)の2日間、北海道札幌市で行われていた第23回YOSAKOIソーラン祭りに行ってきました。

サントリー地域文化賞受賞者活動紹介

http://www.suntory.co.jp/sfnd/prize_cca/detail/1998h1.html

YOSAKOIソーラン祭り公式HP

http://www.yosakoi-soran.jp/

えさし.JPG

          第23回YOSAKOIソーラン祭りで大賞を受賞した「夢想漣えさし」

YOSAKOIソーラン祭りは、札幌の大通り公園と南北の大通りを中心に、市内十数会場で行われ、参加チームは全国から約270チーム、踊り手の数は2万7千人に登ります。

街は歓迎ムードでいっぱい。

歓迎.JPGのサムネール画像ようこそ.JPGのサムネール画像

大通り公園には、踊り手たちがいっぱい。

大通り公園.JPGのサムネール画像

大通り公園内のフードパークには、道内の美味しい食材もいっぱい。

牛タン.JPG

焼き蟹.JPGのサムネール画像フードパーク.JPG

YOSAKOIソーラン祭りは、高知のよさこい祭りを見て感動した北海道大学の一人の学生が、仲間たちと一緒に、1992年にスタートさせたもの。

手に鳴る子を持ち、曲の中に「ソーラン、ソーラン」というワン・フレーズが入っていれば、踊りも、音楽も、衣装もすべて自由。

クリエイティブで自由度が高く、誰にでも参加できるところが受けて、全道、全国から参加者が集まる、日本を代表するお祭りのひとつに発展しました。

また、よさこい型の祭りは全国200ヶ所以上で開催されています。

このお祭りのもうひとつの特徴は、神社や劇場など、非日常的な閉じられた空間ではなく、市内各地の道路や公園といった日常的で開かれた空間が舞台となっていること。

街が舞台となっているのです。

パレード().jpgのサムネール画像

              大通りでのパレード。両側は観覧席になっている。

地方車アップ.jpg

           チームごとに大音量の音楽を流し、パレードを先導する地方車。

子どもたちが踊る!

ジュニア.JPG

小さなダンサー.JPG

                小さな大スター! この子は本当に上手でした。

車椅子に乗って踊る!

車椅子.JPG

おばさんたちも踊る!

お母さんたち.JPG

若者たちは踊りまくる!

平岸天神.JPG

                  大賞受賞回数最多を誇る「平岸天神」

縁.JPG

                   学生チームの老舗、北海道大学「縁」

つぎの瞬間、

次の瞬間.JPG

脱いじゃいました。

脱ぎました.JPG

次から次に、いろいろなタイプの踊りが見られるのがYOSAKOIソーラン祭りの楽しいところ。

トップクラスのチームの踊りは非常にレベルが高く、大賞をめぐって競われる最終日のファイナル・ステージはまさに圧巻。

1チーム百数十人ものアマチュアが、5分足らずの踊りのために、1年間心血を注いだ踊りは、プロも適わない水準のものばかりで感動すら覚えます。

YOSAKOIソーラン祭りの詳細は、11月頃発売予定の「アステイオン」のグラビアページ「地域は舞台」にて素晴らしい写真とともにご紹介しますので、お楽しみに。

                                          

一覧に戻る

投稿者(島)

ページトップへ

ページトップへ