• 地域文化ナビ

2017年10月18日

  • [東北]

「地域文化の未来を考える研究会」IN福島②
「童劇プーポ」に聞く

「地域文化の未来を考える研究会」の2日目は、会津若松市に向かいました。

今年60周年を迎えた「童劇プーポ」の皆さんにお話を伺うためです。


お邪魔したのは、練習場・大道具製作所を兼ねたプーポ会館。

1973年に市民からのカンパで建設されたものです。

壁にはずらっと、過去の公演のチラシが張り出されていて壮観。

5周年ごとに記念誌も作成しています。


「記念誌を作ることで振り返りになり、

プーポの活動に捧げてきた

自らの人生の証にもなる」

とおっしゃるのは、劇団歴52年、

演出もこなす本田節子さん。





現在、副会長兼事務局長の猪俣佐登子さん。

小さい頃からプーポにあこがれて、

高校入学と同時に入団したそうです。






最盛期には40人以上の劇団員を抱えていたプーポですが、現在は16人。

メンバーの高齢化も大きな課題となっています。

その背景には、今の若い人たちが経済的にも時間的にもゆとりがないこと、

高校が、学外の活動に生徒が参加するのを嫌がること、

小学校が週休2日制になり、授業時間が短くなり、

まっさきに芸術鑑賞事業が削れらたことなどがあるそうです。


そんな中でも、

「子どもたちにいいお芝居を見せる

ためには、見せっぱなしでは駄目。

毎回、終演後にお客様と交流会を開き、

意見を聴く」と話してくださったのは、

副会長で小学校の先生だった

遠藤晴男さん。


「子どもの目は厳しい。  

つまらないとすぐに飽きて騒ぎ出す。

子ども達の目を舞台にひきつけるには、

始まってから7~8分が勝負!」

と話してくださったのは、

劇団歴55年の関孝一さん。



劇団歴57年と最も長い
神田勤さんは、

「人数が少ないからと言って、

それでできる芝居だけをしていては

先細りになるばかり。

やりたい芝居があれば、それができる

ように努力しなければ、先はない。

冒険できるというのは、アマチュアの最大の強み!」

と熱く語ってくださいました。


知恵と団結力でこれまでも多くの苦労を乗り越え、
長い歴史を誇る童劇プーポ。

皆さん、まだまだお若い。

孫の世代の若者もひっぱりこんで、これからも子どもたちのために、

素晴らしいお芝居づくりに励んでください。




一覧に戻る

投稿者(島)

ページトップへ

ページトップへ