• 地域文化ナビ

2017年10月18日

  • [東北]

「地域文化の未来を考える研究会」IN福島③ 
「F.M.C.混声合唱団」と「いわき地域学會」に聞く

研究会3日目は郡山市に会議室を借りて、福島市に拠点を置く

F.M.C.混声合唱団」といわき市の「いわき地域学會」の

皆さんからお話を伺いました。



最初にお話を伺ったのはF.M.C.混声合唱団。

1947年に結成され、今年創立70周年を迎えました。

アマチュア合唱団としては日本屈指の歴史を誇るだけでなく

コンクールでの優勝は数え切れない。

県全体の合唱レベルが高く、「合唱王国・福島」

と呼ばれる状況をつくった牽引車の役割も果たして来ました。

福島では新聞の第1面に合唱の記事が載るというお話にビックリ。

   左から監査役の村山一郎さん、指揮の高野洋子さん、総務担当の後反直人さん

合唱団創設者でカリスマ的なリーダー兼指揮者だった
高野廣治氏が

24年前に亡くなったとき、F.M.C.は大きな危機を迎えました。

指揮者は他所から〝先生〟を呼んで来るのではなく、

団員の中から選ぶという伝統にしたがって指揮を任せられたのは、

娘の高野洋子さん。

「とてもプレッシャーを感じましたが、

まわりのみんなが一致団結して支えて

くれたお陰で乗り越えられました。

福島県民の特徴かもしれないのですが、

オレがオレがという人がいないんです。

昔からの団員も自分の意見を押し付け

ないし、70代の人と20代の人が、友だちのように話せる。

これ、合唱に向いている性格ですよね(笑い)」と話してくださいました。

一方で、現在のアマチュア合唱団特有の問題も深刻。

音大の学生や音楽の先生による合唱団がコンクールを席巻する一方で、

中学・高校の合唱部で上位入賞した子たちは、OB/OGだけの合唱団を作り、

コンクールを目指して練習し、数年で解散してしまう。

F.M.Cのように様々な年齢層の人がいる社会人合唱団には、

なかなか人が集まらないそうです。


入団5年目の後反直人さんは、             

「コンクールだけが目標の場合、

歌う曲が限られます。

大会前の2~3ヶ月だけ練習するので、

大曲にも取り組めない。

日常的に集まって、様々な歌を歌う楽しみを彼らは知らない。

僕たちの演奏を聞いたり、練習をみてもらったりすることで、

彼らにも伝えられるような工夫をしたい」と意欲的です。


そのために、今、F.M.C.の皆さんが考えているのは合唱祭。

地元の福島市内や県内の合唱団と音楽を通じて交流し、

勝ち負けに関係なく、歌う喜びを共有したいという夢です。




平成元年に入団した村山一郎さん。

「合唱連盟は音楽の先生が中心で、

学校のこととコンクールの運営で

手一杯。

でも、F.M.C.が声をかけたら、他の

合唱団も集まってくれると思います。

ネットワークもあるし、信頼もある。

これは、歴史の重みなんだと思います。」

なんだか、面白いことになりそうです!


さて、最後にお話を伺ったのは「いわき地域学會」の副代表幹事、

夏井芳徳さんです。



「いわき地域学會」は、
地域全体を研究するために、様々な分野の研究者と

学習意欲のある人たちにより1984年に結成されました。

現在、会員数は約200名。

会員が講師となり毎月開催される市民講座、

年1~2回の地域巡検、今年3年目になるいわき検定のほか、

震災後、地元の研究団体として行った調査・研究活動の成果は、

6年間で3冊の出版物として刊行されました。

上は震災後の調査・研究成果の報告書、下は会員のための機関誌「潮流」

カリスマ的リーダーであった設立者の代表幹事・里見庫男氏が亡くなったとき、
会は一時方向性を失いかけたものの、各ジャンルごとに副代表を出し、
グループ指導制にしたことが効を奏し、今にいたっているそうです。


ただ、設立当初、学校の先生と公務員が中心メンバーだったのが、
近年は学校の先生は雑務に終われるようになり、

公務員は定員抑制があったうえに震災対応を迫られ、

忙しすぎて活動に関わる余裕がなくなっているそうです。

さらに、中心メンバーの高齢化も課題のひとつ。


「地域学のニーズはむしろ高まっているように思います。

ふるさとを失っていたかもしれないという危機感から、

だからこそ、ちゃんと知りたいという思いが生まれたのでしょう。

地域づくりに関わっている若い人たちの団体、

小学校や公民館など、外の団体と一緒に活動することも、

これからは積極的に取り組んでいきたいと思っています。

関わった人の中から、有望な人を会員にしてしまおうという

野望も持っているのですが(笑い)」

と、夏井さん。

2011年の5月、いわき市で夏井さんにお目にかかった折、
震災のことをきちんと記録していく、

今、外部からの研究者がたくさん来ているが、

地元ならではの調査・研究を地道に、息長く続けたいと仰っていました。


有言実行の「いわき地域学會」。

これも、もしや、福島の県民性ではと思ったのでした。

一覧に戻る

投稿者(島)

ページトップへ

ページトップへ