• <事務局通信>

2017年10月24日

「鳥井フェローシップ・サントリーフェローシップ中間報告会」を開催

10月19日(木)、東京にて「鳥井フェローシップ・サントリーフェローシップ中間報告会」を開催しました。

本報告会は、サントリー文化財団の研究助成事業「若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成(鳥井フェローシップ)」と「外国人若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成(サントリーフェローシップ)」の助成受給一年目の皆さんに、ご自身の研究内容をご報告いただくものです。

一昨年までは各プログラムで開催していましたが、より広い交流の場になればと昨年より合同で行っており、今年度はそれぞれのプログラムより3名ずつ、計6名のフェローから選考委員の先生方へ向けての報告がありました。



映画建築、メディア、文学、政治思想史、国際関係史、比較芸術、と研究分野は多岐にわたりましたが、それぞれがユニークな視点をお持ちで、聞いていて飽きる瞬間のない非常に充実した報告が続きました。

また、異分野と思われる研究にも、意外なところで繋がりがあるようで、懇親会では二年目の皆さんやOBOGの皆さんも含め、和やかにお話しされている姿があちこちで見受けられました。

これからもフェローの皆さんが集う年一度のこの機会を大切にしていきたいと思います。






一覧に戻る

投稿者(栗)

ページトップへ

ページトップへ